プラスチック異形押出を土台にした各種樹脂加工技術を駆使し、創造と進化に挑戦します。

タイプ&組性 PVC(ポリ塩化ビニル)ラミネートフロアーカバリング
適用 商業、住宅
表面処理 PU(ポリウレタン)加工、抗菌(ナノシルバー)加工
寸法誤差 EN427 Pass
厚さ誤差 EN649 Pass
重量誤差 EN430 Pass
剥離強度 EN431 Pass
サウンド負荷低減 EN ISO 717−2 >5db
火災等級 EN13501−1 Bfi-S1
  ASTME648 Class1
  ASTME84 75orLess
  Burner test Pass
熱安定性 KSM3802 0.3mm/0.01”(80℃,6hr/hr)
耐摩耗性 ASTMD3884 0.1%Loss
すべり抵抗 ADA Pass
静摩耗係数 ASTMC1028 Dry 0.72 Wet 0.67
残留へこみ量 EN433 >6
耐変色性 ISO105−B02

>6

耐化学物質 Pass
曲げ試験 EN435 <0.05% excellent
youtube動画で動画を確認する場合はこちらから
【共通】
1.UNIDECO商品は、他のビニール系床材と同様に温度や湿度の影響を受けやすく、理想的な施工現場の温度は18度以上を推奨します。
  施工前にUNIDECO商品を箱から出して周囲の環境になじませてください。
2.施工床面は砂やほこりが無いように平滑にしてください。下地面の不陸は±1.5mm以内にして下さい
3.壁際からは3〜5mmのクリアランスを確保し、隙間のコーキングは行わないでください。
4.床面は必ず乾燥させた後に施工してください。下地の含水率は8%以下に保ってください。
5.接着剤で施工した後は、少なくとも24時間以内は重い物を載せたり、床上を歩行することは避けてください。
6.床材同士を押し付けて貼ると突上げや浮きの原因になりますので、並べる感覚で貼ってください。

【Click'nLoc Tileの場合】
1.ジョイント部は必ずランダムに配置してください。隣の列のジョイント部と150mm以上ずらすことを推奨します。
2.長手方向で7メートルを超える場合は、見切り材などでクリアランスを確保して施工することを推奨します。
3.ビスなどを止める場合は、あらかじめ床材にビス径より大きい穴をあけてビスを止めてください。
4.接合部のサネは確実に接合し、お互いの床材間に隙間が無いように施工してください。


Copylight(C) 2014 happokagaku All Rights Reseved,